日本計量生物学会トップページ > 学会誌 > 学会誌 総目次 > 学会誌 詳細

学会誌 詳細

学会誌 総目次へ

38巻 2号

目次

原著

A Re-examination of Japanese Sample Size Calculation for Multi-regional
Clinical Trial Evaluating Survival Endpoint
Nobuya Hayashi and Yohji Itoh 79

総 説

定量的ハイスループットスクリーニングによる化学物質の生物学的活性評価のための統計学的手法

根本明日香・牛嶋 大

93

特 集

医学・農学研究におけるP値― p<0.05を超えて―

菅波秀規

107
ASA声明と疫学研究におけるP値

佐藤俊哉

109
再現可能性ははたして必要なのか:P値問題から垣間見る科学研究の多様性

三中信宏

117
オミクス研究における検証的解析と探索的解析:多重検定とP値を中心に

松井茂之

127
日本の医歯薬学部における統計学の入門講義の実態調査:p値重視の原因は大学教育にあるのか?

寒水孝司・武蔵優希・中山拓人

141
p値は臨床研究データ解析結果報告に有用な優れたモノサシである

柳川 堯

153
ASA声明2016に対する大雑把なコメント

三輪哲久

163